Entries

スポンサーサイト

となりの関くん 森繁拓真

なんとなく買ってみた漫画が予想以上に面白かったので紹介するよ!森繁拓真『となりの関くん』です。このタイトルをみたとき、かの有名な絵本『となりのせきのますだくん』を思い出しました。ご存じの方も多いかと思います。暴れん坊の「ますだくん」が隣の席の「みほちゃん」にちょっかいをかけるアレです。この漫画も席がおとなりの男子と女子を描いたものですが……中身はだいぶ違いました。とある学校のとあるクラス。最後列、窓...

ヴォイニッチホテル 道満晴明

今回は道満晴明『ヴォイニッチホテル』をご紹介します。舞台は太平洋の南西に浮かぶ、スペインから独立した島国「ブレフスキュ島」の小さなホテル。そこにふらりと立ち寄った日本人の自称観光客クズキと、ルームメイドで隻眼のエレナと全身ツギハギのベルナ、その他殺し屋にレスラーに麻薬密売人など濃すぎるホテルの住人が織り成す群像劇です。序盤は『空をつんざく被爆者の悲鳴! 変身! モタズ ツクラズ モチコマズ 爆裂魔...

アオハル(週刊ヤングジャンプ増刊)

おひさしぶりです。だいぶ更新間隔があいたのは、忙しかったからではなく記事を書くのが面倒だったからでした。ごめんなさい。今日は週刊ヤングジャンプ増刊『アオハル』をご紹介いたします。掲載された30作がすべて読み切り青春モノ、そして執筆陣がかなり濃いということで話題になったあの雑誌です。http://aoharu-yj.net/見ての通りほとんどの方がヤンジャンと無関係。『コミックLO』のうさくん先生から『ホラーM』のうぐいす祥...

ドリフターズ 平野耕太

西暦1600 年の日本、関ヶ原の戦いの最中、敗走する島津軍の殿軍を務めた島津豊久は、追撃に来た敵将井伊直政に手傷を負わせるも、首を取れずに逃げられてしまう。死に花を咲かせられずに、重傷を負って失意のままに山中を放浪していた豊久は突如異界へ流れ着く。 (wikipediaより)今回ご紹介するのは平野耕太『ドリフターズ』。歴史ファンタジーバトル漫画です。『異界』には原住民の他に、史実の島津豊久のように行方知れずのま...

イエロードラゴンがあらわれた! 田村光久

表紙買いした漫画がかなり面白かったので紹介します。『イエロードラゴンがあらわれた!』。自称天才・召喚士のエンジが召喚した最強の霊獣・黄龍(イエロードラゴン)。だが、その姿は意外にも少女の姿だった!? この日から、黄龍を名乗る不思議な少女キミドリと召喚士エンジのマジカルコメディーな毎日がはじまるのであった…(公式サイトより)単純バカの主人公、(いい意味で)予定調和的なオチ、ドラゴン・魔法使い・トラゴ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。