Entries

スポンサーサイト

放浪息子 志村貴子

ちまたでは、「オトメン」なるドラマが放送予定のようで。「オトメン」は、女の子になりたい男の子と、男の子になりたい女の子の話みたい。今回ご紹介する『放浪息子』も、そんな男の子と女の子が出てくる漫画です。女の子になりたい男の子、二鳥修一は転入してきた小学校で、ハンサムな女の子、高槻よしのに出会います。二鳥くんの座席は、高槻くんのとなりだったので、高槻くんとはすぐ仲良くなり、高槻くんの自宅で遊ぶことに。...

百舌谷さん逆上する 3巻 篠房六郎

ツンデレ×ドM=感動の涙!!(オビより)『百舌谷さん逆上する』最新刊を読了いたしました。コメディ色がつよめだった1、2巻に対し、最新刊は、『誰も愛さない』という百舌谷さんの信念のルーツ、百舌谷さんを見守る養父母の過去……と、今まで伏せられてきた百舌谷さんの謎が次々と明かされるシリアスな内容となっております。今まで通りパロディギャグも強烈。ドMになることを決意したカバ夫くんの言葉より、ちょっと引用。Mにな...

神様のいない日本シリーズ 田中慎弥

聞こえるか、香折。父さんは廊下に座って話をする。この扉は開けない。野球部のチームメイトからいじめを受け、部屋に引きこもってしまった香折。物音ひとつない香折の部屋の前で、「父さん」は長い長い独白を始める。いじめの一因となった、「香折」という名前の由来、そして「豚殺し」の祖父について。それから、「父さん」と野球の関係、「母さん」との馴れ初め、日本シリーズの奇跡、『ゴドーを待ちながら』……。この小説には、...

FC2トラックバックテーマ  第776回「好きな小説。」

FC2トラックバックテーマ  第776回「好きな小説。」これぞ僕の求めていたトラックバック……!とクリックしたまではいいものの、「好きな小説」が多すぎてどれかひとつに絞れませんねwうーん、ガルシア=マルケスの『百年の孤独』っぽい小説が好きなのかなあ。阿部和重『シンセミア』、筒井康隆『虚航船団』、池澤夏樹『マシアス・ギリの失脚』とか。※『百年の孤独』ホセ・アルカディオ・ブエンディアによるマコンド開拓から始まり...

文学ショー

無事に(?)、北村薫さんが第141回直木賞を受賞いたしました。もし賞を取り逃すようなことがあればどうしようかと、候補が出てから今日まで、勝手に心配しておりました。いやはや、ほんとによかった。次回の記事は、前回の芥川賞候補作、田中慎弥『神様のいない日本シリーズ』になる予定。……予定。野球の話ではありませんのであしからず。...

紫色のクオリア うえお久光

さっそく読みました。『紫色のクオリア』。雑誌掲載の『毬井についてのエトセトラ』に、書き下ろしの『1/1,000,000,000のキス』『If』を加えた豪華三本立てです。(雑誌掲載の感想は以前書いたはずなので割愛)◇『1/1,000,000,000のキス』多重世界、ループもの。人間がロボットに見える少女、毬井ゆかりが、ゆかりのような『特殊な子供』を守るための組織「ジョウント」に保護されることになる。ゆかりの決断を後押ししたのは、親...

必ずお読み下さい。 一條裕子

タイトルは、『必ずお読み下さい。』。取扱説明書の冒頭でおなじみの一文かと思います。本作は、「取扱説明書の項目」をモチーフにした短編集です。例えば、サブタイトルは全て、『01.取扱説明書は、いつでも見られる場所に保管してください。』『17.本製品を、決められた目的以外で使用しないでください。』『19.使用後はきちんとキャップを閉めてください。』といったようになっております。大変にハイセンスなタイトルと設定で...

積み本というくらいだから、

積んでみた。そして並べてみた。……そこまで多くないかな?まー、気楽に行きますわ次は、古川日出男『サウンドトラック』大森望&三村美衣『ライトノベル☆めった斬り!』トム・ゴドウィン『冷たい方程式』あたりを読む予定...

7月と言えば。七夕でもなく、海の日でもなく……

2009年も半分終わってしまいました。『更新は下半期から頑張る』と決意していたはずなのですが、いまだやる気が湧いてこないtkdです。……2010年から頑張る。7月といえば。芥川賞と直木賞が発表される月です。そこでついさっきまで、超絶いいかげんな予想を一発かましてやろうと思っていました。しかし、ググってみると、候補が既に決まっていることが判明し、その中に、予想しようとしていた作家の名はなく……。あー、やらなくて...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。