Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://daitaibu0.blog6.fc2.com/tb.php/137-39981f89

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ヨコハマ買い出し紀行 芦奈野ひとし

お祭りのようだった世の中が
ゆっくりとおちついてきたあのころ。
のちに夕凪の時代と呼ばれる
てろてろの時間、ご案内。
夜の前に、あったかい
コンクリートにすわって。


上昇した海が都市を覆い、文明は衰退し、人口が緩やかに減少していく。
そんな人類滅亡の一歩ちょっと手前、「夕凪の時代」をてろてろとした時間の中生きる、
喫茶店で行方知れずのオーナーの帰りを待ち続ける女性型ロボット「アルファ」とその日常、
それから海に浸食されつつあるヨコハマで起こる「すこしふしぎ」を描いた漫画です。

たいへんに評価の高い漫画ですが、
どこの本屋にもない希少な漫画でもあり、入手困難でした。
それが最近新装版として再販され、僕もついに手に取ることができました。

人類衰退の兆候は、話の端々に匂わされるだけで、
大筋はのんびりした、今でいう「日常系」の漫画です。
ちょうど田中ロミオ『人類は衰退しました』みたいな感じかなあ。

しかしこの漫画の偉いところは、登場人物がしっかり歳をとり成長していたり(ロボットのアルファは歳とらないけれど)、
科学の目線では捉えきれない「すこしふしぎ」要素を出してきて、
物語に奥行きをつけているところ。しかもその奥行きは、かなり広い。
どこまで物語が広がっていくのか、
10巻予定のうち1、2巻しか読んでいない今から、非常に楽しみです。
早く続きが読みたい……。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://daitaibu0.blog6.fc2.com/tb.php/137-39981f89

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。